Project Diary

カテゴリ:未分類( 83 )

こっそりと・・・

b0099654_0121694.jpg


実は準備始めてます。

あるプロジェクトをこっそり密かに進めています。

出来るか出来ないかはわかりません。

ですが進めてみないとわかりません。

まずは第一段階、自分へのプレゼンテーションです。

そう、このワクワク感を最近忘れていた。

自分らしくない。
[PR]
by marais_t | 2011-03-01 00:13

いよいよ本格的に動かねば。

街おこしという事。

具体的にはお金を動かしたり、人を動かす事。

それまでにはイベントや行事などをきっかけに市外の人達により来神いただくわけですが、

生憎、神戸にはルミナリエや神戸神戸コレクションくらいしか誰もが知るイベントがありません。

また、大きな目標でありますが、一日だけのイベントじゃなく、それをきっかけに滞在型であり、あきさせない戦略も必要です。

がしかし、不通のホテル、レストラン、まだ受け入れるコンテンツもないのは正直なところ。

確かに素敵な神戸らしいネタはポツポツあってもあまりに小さ過ぎるキャパシティです。

点と点が合わさったとしても正直小さいムーブメントしか産みません。

長い道のりです。
[PR]
by marais_t | 2011-02-07 21:31

新年

去年は飛躍の年と思いきや、反省の年でした。

思いがあっても、知識や経験の少なさから、沢山の失敗をしました。

感覚でなんとかなると勘違いしてました。

今年こそ、去年の反省を踏まえてやってやります。

今年は海外の予定がたくさんあり、代表作になるであろうイベントON EARTHも控えています。

今年も神戸から発信する。
[PR]
by marais_t | 2011-01-03 12:23

ついに

おもろい奴と出会いました。

なにか出来そうです。

初めて味わうこの感情。
[PR]
by marais_t | 2010-12-05 16:13

ありがとう。

10月20日で28になりました。

猶予はあと2年。

あと2年で好きな事出来なかったら諦めます。

先週は誕生日ウィークでほぼ毎日誰かに祝ってもらいました。
[PR]
by marais_t | 2010-10-24 19:55

神戸というビジネス

神戸に戻ってきて早二年。
美術館をきっかけに街おこしに興味を抱きました。
そして今のボスに出会って、拾ってもらって、更に神戸に根付いた仕事をしています。
東京時代から地方ビジネスに着目していて、地方発信のビジネスを漠然と考えていました。
まさかこんな具体的に動いている自分がこんな早くに居るとは思いもしていませんでした。
今や期待をして下さる方も増え、やるしかない状況にまでなりました。
神戸へは地元だから帰ってきたのではなく、正直外から見てチャンスのある土俵の街だと選んだまでです。
もちろん神戸を愛し、神戸を元気にしたい気持ちは言うまでもありませんが。
最近、自分の考えるスケジュールプランよりも、周りは既に具体的な案を求めてきています。
細かい事を考え過ぎて、少しづつしか前に進まなかった技術者タイプだったので、大きな目標を掲げ人を動かす事を意識していたが、具体的な事とのバランスが上手くいっていませんでした。
まだまだあまいと痛しています。
ファッション、アート、デザインなどの文化面をきっかけに神戸のライフスタイルを確立させて、来神者を増やし、関わる人、団体、企業、行政、教育全てで神戸というビジネスする感覚でしょうか。
僕なんぞ、そんなプロジェクトの旗振り役に過ぎ無い。
自分が前に出てしまうのも悪い癖。これも気をつけます。
[PR]
by marais_t | 2010-10-11 02:12

還暦

b0099654_222213.jpg

僕の近くには還暦の人が2人居ます。
そのうちの一人の人の還暦パーティー。
来日中の女優、デボラ・フランソワも来ました。
トルコ人ムラートも来ました。
ハーフの男の子も来ました。

※写真はフナコフブログより
[PR]
by marais_t | 2010-03-02 22:28

第3回KEM

第3回Kobe Essencial Meeting(通称:KEM)が開かれました。
b0099654_911025.jpg

今回は神戸の靴職人や神戸の飲食界では知らない人は居ない?マスターも参加しました。
そのマスターのブラッスリーをお借りしての開催。
神戸、パリ、上海など、インターナショナルな、神戸がいかに世界の都市と繋がるかなどの話の展開でした。
そのお店
[PR]
by marais_t | 2010-02-21 09:12

中華飯@Bon Mariage

b0099654_0554920.jpg

あるバーで特別に、友人に頼んで美味しい中華丼をケータリングしての夜食
幸せです
[PR]
by marais_t | 2010-01-13 00:55

アマノ雅広写真展"87th & Lexington, NY"

神戸・栄町のコマーシャルギャラリー、TANTOTEMPOの企画展情報です。

b0099654_1513839.jpg
©Masahiro Amano

2003年冬、ニューヨーク。降りしきる雪に身動きが取れなくなった写真家が、スターバックスカフェの中から街の様子を眺めていたのだ。寒々しく行き交う実像としてのニューヨークと、窓に映り込んだ鏡像としてのニューヨークと。
アマノ雅広氏は、窓に表現を求める写真家だ。窓を通して、あるいは窓に映る光景を撮影し、日常の光景に「窓」が加えた修飾を日常との差異として表現している。
ニューヨークの厳冬の雪の日に撮影されたこのシリーズは、手法的には定点観測である。
ファインダーはそのままに、ファインダーに登場するあらゆる人々、動物、乗り物を「窓」という境界を介してみせることで、別の平面がつくりだす外と中、実像と鏡像を同時に介在させる。「窓」という境界が生み出す緊張が、氏の写真世界を形成している。
(Text :TANTO TEMPO Photo Cafe and Gallery ディレクター 杉山武毅)

アマノ雅広写真展
「87th & Lexington - The Viewpoint From A Window / Snow」

2010年1月9日(土) - 1月31日(日)

アマノ雅広写真展ギャラリートーク

2010年1月30日(土)午後5時から

参加無料、先着25名様 要予約

詳しくは
http://tantotempo.jp/

アマノさんのHP
[PR]
by marais_t | 2010-01-10 15:04